広島県建築士会は多くの建築士資格者によって構成された公益社団法人です

委員会紹介

各委員会・部会名

企画総務委員会

委員長

林 康文

活動内容

  • 企画運営に関すること。
  • 事務局に関すること。
  • 収支決算並びに予算に関すること。
  • 各委員会の調整連絡に関すること。

委員長より一言

企画総務委員会は、建築士会の企画運営に関することや、事務局又、会全体の収支に関することなど、全般的な事を担当しています。

建築士会が運営する事業や各委員会の活動などが、スム-スに進展する様、この委員会で支援します。会長をはじめ、副会長、専務理事、常務理事で構成されており、内容によっては、各支部の支部長とも相談しながら、最も新しい解決・課題について取り組み処理しています。

常時は事務局において、専務理事、事務局長、事務局員が士会全体の対応を致します。もちろん全国の情報を広く広報するため、他県の建築士会や建築士会連合会とも綿密に連携を取ることも、この委員会の役割です。

広報委員会

委員長

神岡 千春

活動内容

  • 会誌の編集及び発行に関すること。
  • 会員名簿の発行に関すること。
  • ホームページの運営に関すること。
  • 出版物の企画、発行及び頒布に関すること。

委員長より一言

広報委員会では士法の改正、建築基準法の改正、士会および各支部の活動状況をスピーディーに、タイムリーに発信し、今現在、建築士に必要な情報がすばやく入手できることをモットーに、毎月「建築士 HIROSHIMA」を発刊しています。

また、建築士会ホームページでも様々な情報をアップデートし、士会会員外の方でもどなたでも最新の情報がチェックできるようにしています。表紙は会員の作品発表の場として(カラーページ)活用されています。あなたも士会会員となって、ご自身の作品を表紙に掲載しませんか?

事業委員会

委員長

浦山 豊隆

活動内容

  • 講習会に関すること。
  • その他の事業に関すること。

委員長より一言

事業委員会は「建築に係る改正法令等の講習会」や「すべての建築士のための総合研修」などの建築士の自己研鑽のための講習会や、建築に関するセミナー・講演会・シンポジウムといった催しを企画し実施する委員会です。

とりわけ,著名な建築家をお招きしての公開まちづくりセミナーでは,建築作品の話から場合によっては環境問題等にまで話が及び「ものづくり」「まちづくり」「くらしづくり」をテーマに一般の方でも参考になる内容で行っています。

企画する我々も毎年,勉強しながら楽しんで取り組んでいます。会員の方はもちろん,会員以外の建築士の方,そして一般の方もぜひご参加下さい。

活動の様子

  • 事業活動
  • 事業活動

交流厚生委員会

委員長

井手口 耕三

活動内容

  • 会員交流と厚生に関すること。
  • 準会員、賛助会員、懇親会、スポーツ大会に関すること。

委員長より一言

建築士会の会員と、建築士会に対しご理解ご賛同を頂いている賛助会員のための、交流厚生を目的としている委員会です。

支部の対抗スポーツ大会などを通して、各支部会員等の親睦を図っています。

会員同士の交流が活発になることで、まちづくり・すまいづくり・ものづくりの情報を共有し、そのことをユーザーに還元できるよう、建築士の資質向上に努め活動をしています。

H20年度のソフトボール大会は32回目、ゴルフ大会・ボーリング大会は35回目を迎えます。

歴史あるこの大会を毎年心待ちしている会員もいれば、メンバー集めに四苦八苦している大会もあります。しかし、人と人のつながりが建築士の資質向上に役立っていると自負しています。

これからは、地域の皆様と共に交流活動ができればと思っています。

活動の様子

  • ゴルフ大会
  • ボーリング大会
  • ソフトボール大会

社会活動委員会

委員長

細見 恵

活動内容

  • ものづくり、まちづくり、くらしづくりなどの社会活動に関すること。
  • 地域貢献支援センター、その他県本部に置く部会、研究会等に関すること。
  • 青年部会、女性部会に関すること。

委員長より一言

社会活動委員会は、ものづくり、まちづくり、くらしづくりなどの社会と密接に関わる関活動を推進し、いくつかの部会や研究会で構成されています。

例えば、「広島県地域貢献活動センター」は建築士会員が地域の人々と共に行う活動を支援し、また、その発表会を通して建築士と社会との関わり方を考えます。

また「まちづくり部会」では県内各地積極的なまちづくり活動に参加して、地域のありかたを検証しています。各支部における社会活動の支援や啓発を行い、建築士会が地域社会の中で活動しやすく、また役立つよう考えていく委員会です。

各部会・研究会について

  • 地域貢献活動センター部会 (担当:天野武美)
  • 住宅研究会(担当:松岡友夫)
  • まちづくり部会(担当:濱田昌範)
  • 青年部会(担当:森保直也)
  • 女性部会(担当:野口美保)

活動の様子

  • 女性部会
  • 女性部会
  • 青年部会
  • まちづくり部会

CPD・専攻建築士制度委員会

委員長

橋本 明美

活動内容

  • CPDに関すること。
  • 専攻建築士に関すること。

委員長より一言

CPD制度、専攻建築士制度の普及と定着を推進するこの委員会も平成20年度で5年目となります。

これまでの3回の申請で591名の専攻建築士が誕生しました。専攻建築士の全国での数は、平成19年度までの累計で14,881名、全国会員数103,649名(平成20年3月末現在)の14.3%、当会では23.5%となっています。

広島県では耐震改修設計業務における資格条件の中に「担当者は一級建築士とし、構造設計に精通した者とする」とあり、建築構造士の免許証の写しを提出とありますが、昨年度から建築構造士と同等扱いとして「構造専攻建築士でも可」の内規が示され、公にも専攻建築士が認知されつつあると感じています。

その他の専攻分野においても同様の動きがあることと確信しています。

またCPD制度への参加者も当会では1,000名を超え、自己研鑽への意識も高まっております。

このような制度を一人一人が活用することにより、信頼のある建築士として社会へ貢献していくことが、建築士の指名だと考えております。

試験業務委員会

委員長

山﨑 達雄

活動内容

  • 建築士の試験監理に関すること。
  • 建築士の試験監督に関すること。

委員長より一言

試験業務委員会のメンバーは、試験会場で一生懸命に試験問題に取り組んでいる受験生の皆さんを見守りながら、一級、二級、木造の各建築士試験の現場を運営しています。

建築士法が一部改正されたことにより、試験に関しても、21年度から見直された受験資格要件が適用され、一級建築士試験も新たな内容でスタートします。

受験生諸君、建築士試験の難関を突破したら、建築士会の一員として社会に貢献しよう!

“フレー! フレー! 受験生!!”

活動の様子

  • 建築士受験中
  • 建築士受験中
  • 運営の現場

ヘリテージマネージャー委員会

委員長

濱井 義樹

活動内容

  • ヘリテージマネージャー養成講座の企画
  • 広島ヘリテージの会(仮称)の運営

委員長より一言

ヘリテージとは(遺産、継承物又は伝統、伝承)という意味を持っています。

私たちが住む地域には、文化的価値がある、埋もれた多くの歴史的文化遺産があり、それらが老朽化などで失われようとしています。

これらの地域に埋もれている歴史的建造物を発見し、その価値を判断し、保全・改修・活用方策を提言・提案し、まちづくりに生かすことのできる専門家の育成が急務と考え、平成25年度ヘリテージ委員会を発足し、ヘリテージマネージャーの育成講習会を実施しました。

その結果、県内に34名のマネージャーが誕生しました。今後は、県内各地域のヘリテージマネージャーを中心に活動組織を作り、自治体や地域の関係団体等と連携を図り、県内の貴重な歴史的建造物の発見、保存、活用等に取組んでいきたいと思います。

今後もヘリテージマネージャー育成講習会を予定しています。多くの皆さんの参加をお願いします。

活動の様子

  • 講習会の模様
  • 実地研修の様子
  • 実地研修の様子